応募書類の正しい書き方 one point of langage

応募書類には、履歴書、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書、自己PR文、作文などがあります。
このうち、履歴書は必ず提出を求められます。
市販の用紙にはいくつかの形式がありますが、最低記入すべき内容は同じで、正しい書き方の基本を知っておく必要があります。
応募書類は、書き方次第で、企業に与える第一印象が良くも悪くもなります。

ポイント

  • 原則として黒インクの万年筆を使用するようにしてください(細字用のサインペン・ボールペンでも可)
  • 誤字、脱字は注意してください。
  • 楷書で丁寧にわかりやすく、空欄のないようにきっちりと書きましょう。
    履歴書は人の人格を反映するもので、企業の人事担当者は、これである程度の人物像を描きます。
    履歴書を形式だと思って安易に書かないで、誠意を込めてしっかり書くようにしてください。

履歴書

履歴書は、きれいにまとめるだけではなく、インパクトがあって、この人はどういう人であってこういう仕事がしたいのだということが伝わるように工夫しましょう。人事担当者に興味を引き出せたら大成功です。

  • 年月日
    作成日ではなく、郵送または持参する当日の日付を元号で書きましょう。
  • 氏名
    ふりがなは、指定された仮名で書くようにしましょう。
    『ふりがな』なら『ひらがな』で、『フリガナ』なら『カタカナ』で間違えないように書くようにしましょう。
  • 写真
    写真こそ履歴書の顔です。好印象を与える顔写真を用意するようにしましょう。
    基本的にはモノクロです。スピード写真やスナップ写真等を切って貼るのは避けた方がよいでしょう。
    仕事にふさわしい服装、意欲的な表情の写真を写真店で撮影してもらうのが望ましいでしょう。
  • 印鑑
    欠けたり、汚れたりしないように、まっすぐに捺印するようにしましょう。
  • 住所
    住所は、都道府県・市町村・番地まで正確に書くようにしましょう。
    ふりがなは、指定された仮名で書くようにしましょう。
    アパート・マンション名と部屋番号まで明記するようにしましょう。
    携帯電話があれば、その番号も書き添えるようにしましょう。
  • 学歴
    義務教育は、卒業年次のみでよいでしょう。
    高校以上は入学年次と卒業年次の両方を記入し、学科など履修内容も明記するようにしてください。
    高校までは国・公・私立の別がわかるように表記するようにしましょう。
  • 免許・資格
    免許・資格は、自分をアピールできるポイントです。書き落としのないようにしっかり書きましょう。
    持っている資格はすべて記入するようにしましょう。資格は、仕事に直結していないものでも書き込むようにし ましょう。普段から自己啓発を怠らない姿勢が伝わります。
  • 志望動機
    志望動機欄は空欄にしたまま提出しないようにしましょう。志望動機には、応募先に関心を抱いた点などを書き込むようにしましょう。
    『なぜ、その企業に入りたいか』を簡潔に力強く表現できた人こそ勝利者といえましょう。
    企業案内に書いてあることをそのまま志望理由にするのは考えものですが、その企業が、ここが肝心という『同業者と違う点』『力を入れていること』を記載して志望理由にすることはよいでしょう。
    また、これまでの経験で実感したことも強いでしょう。
    『御社のこの製品がよかった』、建設なら『その実物についての感動』など…但しこの場合あくまでその企業の手がけたものに限ります。
  • 趣味・特技
    趣味・特技欄には、上手でなくても好きな程度のものでも良いから、何かしらを書くようにしましょう。自分を売り込む気持ちで、具体的な内容まで書くとよいでしょう。
    自己PRで誠実さを訴えた人が、誠実そうに見える趣味を考えて登山、書道をあげた場合、もちろんウソではないが、数ある趣味のうち、ことさら登山と書道に絞ったところに、履歴書全体をひとつの人格で統一し、インパクトの強いものを作り上げる方法といえましょう。
    また、趣味を掃除や日記をつけることなど、平凡すぎてあえて他の人が書かないことを記入して、面接官の目を引いた人もあります。いい履歴書とは、質問を誘う履歴書です。アレッと思わせることも重要なポイントです。このように見ると、趣味も立派に自己PRになります。
  • 本人希望記入欄
    希望職種を書き自己PRをすることも一方策でしょう。履修学科との関係や入社後の仕事への意気込みなどを書くとよいでしょう。
    待遇面の希望は、書かないほうが無難でしょう。
  • 自己PR
    協調性がある。明るい。積極的である。というありきたりの言葉を並べるのではなく、そのうちのひとつを取り出して、そのエピソードや具体的なデータをあげて書いておくと印象深くなるでしょう。
  • 特記事項
    その企業に関するものから書くべきで、社会的評価の高い資格や一般的認知度の高さで判断しないようにしましょう。
    いままでアルバイトなどで経験してきた仕事を通して何を得たか、仕事とはどういうものか、自分なりに感じたことを記載しておくと、面接で話題の糸口になりやすいでしょう。 スポーツの入賞経験やサークル活動など、その活動を通して自分がどういう人間かを表現できるものも書いておくとよいでしょう。
  • 記載の終わりには必ず『以上』を記入
    学歴・免許資格などの欄では、記載の終わりを示す意味で、右寄りに必ず『以上』と記入するようにしましょう。

あいさつ文

あいさつ文を同封するようにしましょう。
応募書類の最大の目的は、応募先の人事担当者に自分をアピールすることにあります。その方法のひとつとして、履歴書等の応募書類を郵送する場合は、あいさつ文を添付するようにしたいものです。
堅苦しい文章は必要ありません。
前略、早々の書き方で、便箋1枚程度、簡単な自己紹介とともに、応募動機に触れるほか、応募書類を送付した旨を述べれば十分でしょう。
こうしたあいさつ文が同封されていると、人事担当者はこの応募者がしっかりした人物であり、入社の意欲が強いという印象を受けるでしょう。

挨拶文(添え状)の事例

20xx年x月x日

ジョブカフェとちぎ
人事部 採用ご担当者様

〒xxx-xxxx
栃木県〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
氏名 
電話番号 〇〇〇〇
メールアドレス xxxxxxx@xxxxx.xx

拝啓、

御社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

栃木県庁内にあります『ジョブカフェとちぎ』で、御社の求人情報を拝見し、事務員として 応募させていただきたいと存じます。

私は、栃木県〇〇市出身で△△大学を平成〇〇年3月に卒業見込の者でございます。

私の詳細な経歴につきましては、同封いたしました履歴書をはじめ応募書類をご高覧い ただき、お目にかかる機会をいただければ幸いに存じます。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

同封書類

1.履歴書 1通

以上

宛名書きのルール

  • 『株式会社』が前につくか、後ろにつくかにも注意してください。
  • 部署あてには『御中』。部長、課長など職名あてには『様』。人事担当者個人あてには行を変えて『様』とするようにしてください。
  • 封じ目は『〆』『封』が一般的です。
  • 必ずノリで封をしましょう。
  • 差出人名は、天地中央のやや左下に書くようにしましょう。
  • 自分の住所、氏名、郵便番号も忘れずにきちんと書きましょう。

履歴書作成のポイント

  • 履歴書用紙を用意
  • 黒いインクで記入
  • 誤字がないよう辞書を用意
  • 楷書で丁寧に書く
  • 写真は枠内にしっかり糊付けする
  • 印鑑の押し忘れはないか
  • 住所は郵便番号、アパート・マンション名まで記入
  • 入学・卒業など年月を正しく記入
  • 高校以上は入学・卒業年次を併記
  • 高校・大学の学科・学部も記入
  • 具体的な志望動機を書く
  • 趣味や特技欄も空欄にしない
  • 資格や免許は正式名称で記入
  • 誤字はないか、提出日の日付にしたか
  • 控え用にコピーをとる